Slackコミュニティーの鍛え方

Slackでオープンコミュニティーは今すぐ作れるんだけども、このくらいの準備をしていると、準備を楽しめます。遠足のノリで。

具体的には3つくらいコツがあります。

1. 巻き込む仕組み


最初に一言いったあと、三言目くらいまでがんばってもらう。
最初に頑張るとキツいから、長いスパンで。

コミュニティーマネジャー求むやで。


2. ロゴを用意


なんでもいいけど、あると捗る。

手書きのこれが……

こうなる。

illustratorって優秀ですね。


3. リアクション用のスタンプ

LINEとかで返信に困るときにお茶を濁すアレを準備しておくと、なにかとスムーズです。

コレがないと、正直キツい。自分で作るのも楽しいけども。


カスタム絵文字はDrag&Dropでまとめて追加が楽


激しく楽です。Chromeの拡張。


気に入る文字がなかったらサクッと作れるジェネレーター


そんなわけで、Slackのコミュニティー作りました ニッコリ


どうせすぐ飽きるんでしょ? とか言わずに、一緒にだらだらダベりましょう。はい。


いざ、メイク

実際Slackを使えばコミュニティーは一瞬で作れるのですが、続けていく仕組み、楽しくなる仕掛け、は大事。

いつかどこかのタイミングで思い出して頂けると幸いです。

あと、面白そうなプロジェクトには首をつっこみたいので、ロゴどうしようかね? みたいな相談(聞くだけなら)ウェルカムですので、お気軽に。

いや、実際に作るかどうかはほら、熱量とかそういうので、さ。

はい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもスキやサポートありがとうございます!! 今はTwitterのフォローが一番モチベあがるシーズンとなっております! https://twitter.com/shintarowfresh

さんくー!
9

フレッシュさん

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!! 僕のことをよぶときに「さん」は1つで結構です。 ドゥー・ユー・アンダスタンンンンドゥ!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。