ベリーロールが好きだった

相変わらず、見ず知らずの方のnoteに課金は出来ておりません。

ニューウェーブで、「購入して続きを読む」ボタンを押すことに抵抗のない方、なくなった方が心からうらやましい。

純粋に面白いnoteを読み逃している感覚が口惜しいです。

Web系エンジニアの僕はネットの情報を使って仕事をしていると言っても過言ではありません。オープンソースのWordPressをつかい、無料配布されているプラグインを利用して。

良質な技術系の記事は集合知としてネットに蓄積され、あらゆるレベル・ステージの技術者たちに活用され、再生産されています。

そこに身を置くと、身を置いて慣れてしまうと、悲しいかな、誰かわからない自称○○な方の文章にお金を払うのが、とたんに惜しくなります。

これはもちろん、自分にも置き換えられる問題なので、僕の文章がいきなり売れるとはとうてい思えない。

なので、いきなり有料にするのはやめることにしてます。

戦略的には、

・シェアされたテキスト
・たくさん読まれたテキスト

こういうnoteをシェアしてくれた方のコメントを付けて有料化するのがいいんじゃないかなぁと考えております。

ああああああああああああああああああああああああああああああああああ、読みたい!あの人があそこまで言っているあのnoteがよみたい!うりー!

くらいの高まりを感じないと、僕はボタンを押せません。なんだこれ、僕のマウスの左ボタンは押し下げるのに2tくらいのパワーいるんじゃないか! これ、おい! アップルよ!

買う側の気持ちを考慮して具体的な実績を手に入れてから有料マガジンにいれるというのもいいかもしれません。

なので、買わないでください。
僕のnoteを買わないでください。現在買い切り有料マガジンは10000円の値段をつけています。間違っても買わないでください。

月額課金が完全解放されたら、僕も使ってみたいなぁ。毎月お金を払ってでも僕の文章が読みたい人がいるだけで、毎日ご飯おいしいだろうなぁ。背筋がピンとするだろうなぁ。それだけで娘が今よりパパを好きになって、尊敬してくれないかなぁ。ちょっと無理か。

フォローしてもらおう。たくさんたくさんフォローしてもらおう。もっともっとフォロワーが増えたら、有料マガジンを妥当な値段で出そう。そこまでしても読んでくれる方がいるのであれば、妥当な値段をうんうんいって考えよう。

・・・

いろんな方のnoteにスキをつけたり、コメントしたり、自分をプレゼンしているのですが、運良くプロフィールページまで来てくれても、そこからフォローしてもらえるかどうかは、やはり作品がものをいいますもんね。

ネットで既に有名じゃない僕は、地道にやっていくしかないなと、思っています。ブログを始めたときもそうでした。

お前はだれだ? 何者だ? 自分自身の質問に対して、自己紹介ではなく、記事で答えていきました。

むしろブログは、デザインや機能さえもが、自分を表現出来るツールだった。

ところがnoteはどうだ、プロフィールのカバー画像以外、だれのページを見ても、同じじゃないか。まいった、ますますシビアなプレゼンを要求されている。クリエイションだけで自己紹介する高い能力を要求されている。

グッド、走り高跳びは、バーが高いほどベリーロールが美しい。

存分にベリーロールを披露しよう、背面跳びが主流だとしても。

——意図的に脱線。

「選択的注意」という心理学の用語があります。

平たく言って、人は興味のないことに対しては集中力を発揮出来ません。

この状況を言葉で説明した心理学の用語です。

街ですれ違った方が、僕の文章に興味を持つでしょうか、まさか!

そんな奇跡を信じることが出来ないほどに、歳をとったんだなぁ、僕。

——伏線回収

元気になる文章、共感を覚える文章、そんなnoteが僕は好きです。

なので、スキを押します。

大変心苦しいですが、最後まで読めない文章にスキを押すことは出来ません。

まずはスキになりたいなー、noteを開くたび、そんなことを思うのです。

ほとんど全てのnoteユーザーが僕に興味がないでしょう。だからこそ、自由に書くことが出来る。

だれも興味がないことは、僕にとっては祝福なのです。

僕はたくさんのブログ記事をかき、色んな反応をもらい、そして多くの方と交流することに、成功しました。

僕のブログが有料でしか読めないしろものだったら、今の僕はいただろうか?

いただろうか?

自分の作品に値段をつけることもできるnoteという場所。ここに来る度に僕はたくさんの発見を得るのです。

では。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもスキやサポートありがとうございます!! 今はTwitterのフォローが一番モチベあがるシーズンとなっております! https://twitter.com/shintarowfresh

さんくー!
23

フレッシュさん

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!! 僕のことをよぶときに「さん」は1つで結構です。 ドゥー・ユー・アンダスタンンンンドゥ!

noteの歩き方

初心者さんいらっしゃい。わりと実践的なnoteの遊び方。

コメント4件

うりー…ジョジ○でしょうか?名言ですね。
人間をやめる勢いが無ければ、僕にはボタンが押せません(笑)コメントありがとうございます。
私は全く違う業界で働いていますが、激しく共感致しました。私も課金ボタンどうしても押せないんです。ただ一度だけ、課金しようか迷い、URYYY!!!となりかけたことがあります。 他ならぬフレッシュさんに。 でも、やはり課金できませんでした・・・すみません‼︎
いえ、僕はこれを書いた時よりかは多少は抵抗感もすくなくなりましたけども、それでもポンポンと課金は未だに出来てません(笑)僕への課金を検討してくれただけでずいぶん救いになるし、共感してもらえたならむしろそっちの方が嬉しいですね! ありがとうございます!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。