見出し画像

回復に向かうルーチン

先日読んだnoteにて…

自分の気力の回復方法、これ、あんまり意識してなかったなぁというわけで、ちょっと考えてみた。

疲れたりぐったりすることはもちろんよくあるんだけども、知らないうちに気がついたらそれなりに回復している日々である。

これがさー、自分の意思で決まった回復方法を編み出して、任意のタイミングで回復させたりコントロールできたらそれはそれでとても素敵な事やなと思うわけですよ。

この続きをみるには

この続き: 265文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
10記事以上含まれてます(現在20記事)ので、記事単位で買ってもらうよりもマガジンで購入してもらった方がお得ですー!

何事も程度の問題で。 他人に迷惑をかけない程度のこだわりはもっていると生きているのが楽しい。 前から欲しかったカメラを頑張って手に入れた喜…

または、記事単体で購入する

回復に向かうルーチン

フレッシュさん

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもスキやサポートありがとうございます!! 今はTwitterのフォローが一番モチベあがるシーズンとなっております! https://twitter.com/shintarowfresh

グッド!
12
悠久の有給キャンパーです。 「Layback Camp」というガレージブランド始めました。

こちらでもピックアップされています

ありのままのフレッシュ
ありのままのフレッシュ
  • ¥390 / 月
  • 初月無料

ジョジョ一冊分の値段でサブカル歴35年なフレッシュさんの情熱エッセーをお届け。一日あたり13円は素数だ! 購読初月は無料です。

コメント (2)
生牡蠣がベホマズンです!おしゃれなひとに「おしゃれですね」と言われるとベホマかなー。
ベホマズン有るのいいですねー、シーズンがあるからいつでも食べられない制約がシビれます。でもベホマの上を設定しておくのはむしろハードル高いと思うんですけど(笑)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。