見出し画像

僕の仕事は自信を持たせること

仕事で大きめのイベントに企業ブースを出しました。

キッザニアのように子供たちだけが入ることが出来る会場で、お仕事体験をしてもらうイベントです。

僕が所属している会社はIT系の企業なので子供たちにはホームページを作る体験をしてもらいました。

具体的に言えば、こちらで用意した商品のキャッチコピーを二人一組になって考えて、ミラーレス一眼で物撮りをして、サイトに反映させる体験。作ったサイトはパスワード保護して、後から両親に見せることが出来るシロモノです。

お仕事体験をしてもらうのは小学校高学年。時期的に言えば、新4.5.6年生。10-12歳くらいまでの子供で男女比で言えば7:3、8:2くらいで女の子が多かったです

ザックリとはこちらで説明をするのですが、さあキャッチコピーを考えよう! でスラスラと候補を書き出せる子供はやはり少ない。いや、実際には幾つか思いついているんでしょうけども、それをスッと手元のメモに書き込んで、我々スタッフに提示するのもハードルが高いのだと思いました。

いやはや、もちろん、我々スタッフもなんとか子供たちと協力して、一連の流れをこなしてもらわなければなならない訳で、商品の特徴や、自分だったらどんなモノを買いたいのか、友達に勧めるならどういう言葉になる? なんて感じで声かけやケアに努めるのですが、上手くいかない時は上手くいかない。

タッチタイピング出来る子供や、名前や文字を打つ程度のことなら軽々こなすような子供たちなので、アイデアがまったくないということはもちろんないでしょう。

では、なぜこの課題がスススッと進まないのか。それは、「失敗するのが恥ずかしいから」じゃないのかなと思うわけです。

全文をブログに掲載しているので、よければそちらもどうぞ。

失敗するのが恥ずかしい

この続きをみるには

この続き: 1,625文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
10記事以上含まれてます(現在20記事)ので、記事単位で買ってもらうよりもマガジンで購入してもらった方がお得ですー!

何事も程度の問題で。 他人に迷惑をかけない程度のこだわりはもっていると生きているのが楽しい。 前から欲しかったカメラを頑張って手に入れた喜…

または、記事単体で購入する

数量限定で販売中

残り 10 / 10

僕の仕事は自信を持たせること

フレッシュさん

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもスキやサポートありがとうございます!! 今はTwitterのフォローが一番モチベあがるシーズンとなっております! https://twitter.com/shintarowfresh

さんくー!
6
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!! 僕のことをよぶときに「さん」は1つで結構です。 ドゥー・ユー・アンダスタンンンンドゥ!

この記事が入っているマガジン

ディレクションのある暮らし
ディレクションのある暮らし
  • 19本
  • ¥390

何事も程度の問題で。 他人に迷惑をかけない程度のこだわりはもっていると生きているのが楽しい。 前から欲しかったカメラを頑張って手に入れた喜びは、そこにこだわりがある故で。 モノでもコトでも、そこに Reasson を感じられるなら、生活は「しっくり」で溢れるはずだから。 僕の納得を巡る暮らしの実践。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。