ブログやってるときにはあんまり思わなかったんだけど、noteだとたまにまっさらなアカウント作ってなにもかもイチからやってみたくなる。やり直したいって訳じゃなくて、それくらい天下一武道会感があって、とても面白い。どのみち感じる事も書くことも変わらないんでやらないんだけども。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもスキやサポートありがとうございます!! 今はTwitterのフォローが一番モチベあがるシーズンとなっております! https://twitter.com/shintarowfresh

ありがてぇ
8
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!! 僕のことをよぶときに「さん」は1つで結構です。 ドゥー・ユー・アンダスタンンンンドゥ!

コメント6件

しかし今更気が付いたんですが「すごい背景」って、逆に言えばnote以外のSNSでも全く同じで「ショボかったらアレ」なのだなと。noteの場合は「友達がやってるから」「名刺代わりに交換」という手段ではないからキャリアが必要ないスタートになるだけで、案外Twitterも(Facebookは少々キツいかな)匿名性を活かす、または、匿名にしなくても「大きく見せない」ことが重要なのかもと思いました。
それぞれのSNSで戦略的にフォロワーを増やす方法みたいのが確立してますが、そういうのを全く無視して俺スタイルでガンガン行くのが楽しい今日この頃です。匿名だろうが実名だろうが自分を隠してコンテンツ出すってのは難しくて透けて漏れるわけで、面白いことを継続的に出すしかないですよねー。大言壮語でリスクを負うのもまたかっこいいとは思います。
そうですね▽・x・▽ 
正解はたくさんありますからね。その人にとっては1つかもしれませんが。フレッシュさんにはやはり少年マンガ的なロマンを感じます。そういえば元中日ドラゴンズ監督のオレ流落合さんも「ねだるなかちとれさすればあたえられん」を選手に説いていたとか。オレ流、俺スタイルに共通する、エモーションの源流を感じます。
「奔放でわがままなおっさん」を最大限に拡大解釈していただきまことに光栄です(笑)少年漫画風修行で強くなってボスしばく!的ロマンは大事にしていきたいなと思っております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録