見出し画像

意識がない桃太郎

「ご家族の方ですか?」

「家族……だと!? ふざけるな! 俺とあいつは……戦友だ!」

猿は叫んだ。ダメージの残る体で気丈に振る舞う猿を見て、ただ涙が流れた。

その2秒後、俺は自問する。

何を間違えた? どこで失敗した?

担当医と猿との重そうなやりとりを見ながら、俺は何度も自問する。

何を間違えた? どこで失敗した? 何故俺たちの主人は、体の7割を吹き飛ばされた?

あの地獄から、生きて笑って帰ってくるはずじゃなかったのか?

俺の腕の中で、ずいぶん前から雉は冷たいままだった。

まるで美しく汚された、剥製のようだった。

お爺さんとお婆さんからひっきりなしに届くLINEには、既読スルーで答えるしかなかった。


---

意識高い桃太郎|柳内 啓司(やなぎー)|note https://note.mu/kjyng/n/n26222560c682

意識高くない桃太郎|雨月メッツェンバウム次郎|note https://note.mu/drdolittle/n/n811f217063b4

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもスキやサポートありがとうございます!! 今はTwitterのフォローが一番モチベあがるシーズンとなっております! https://twitter.com/shintarowfresh

グッド!
6

フレッシュさん

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!! 僕のことをよぶときに「さん」は1つで結構です。 ドゥー・ユー・アンダスタンンンンドゥ!

意識高いか高くないか意識ない桃太郎

話題の「意識高い桃太郎」、私が書いた「意識高くない桃太郎」そしてフレッシュさんの「意識がない桃太郎」の桃太郎マガジンで。

コメント1件

既読スルーで吹きました。ありがとうございました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。