ニョウボフザイメシ(女房不在飯)

2
ノート

番外編、女房ステーキ

お肉は好きだ。

特にいいお肉は素敵だ。お肉は実に分かりやすい。

いいお肉は口に放り込むと幸福感をくれる。わかりやすく贅沢をしている気分になる。いや、わかりやすく贅沢をしているのだけれども。

お金をかけるという意味では、名前も読めない素敵な外国のコース料理なんかも食べようと思えば食べられるのだけれども、いまいち贅沢をしている気分がうすい。いや、美味しいのだけれども、わかりやすさという点で惜しい

もっとみる
ありがてぇ
19

女房不在につき、今食べておきたい冷麺

冷麺は初夏がいい。

ガチな夏場には冷麺程度ではもはや温い。もう一段階冷たくないと、〈足りない〉と感じてしまう自分がいる。

そこへ来てなんか今日ちょっと暑いよねー的初夏 is ナウであれば、冷えた麺が心地よい。ちょうどいい。ニヤニヤしちゃう。Hey!って言っちゃう。

春は曙ならば、初夏は冷麺なのだ。

職場から家に帰るまでには最低でも4軒のラーメン屋さんに遭遇する。

そのなかで僕が選ぶのが「

もっとみる
ありがてぇ
13