Conote

49

本を読む環境がすごく変わったのだが

そういえば僕が高校性の時はインターネットなんてなかった。 スマホもなかった。 ポケベルはあった。持ってはいなかったけども。 初めて買ったPHPの電話帳はマックス3件登録だった。 大きな本屋さんもない地方都市に住むフレッシュ少年。町の小さな書店が「本」との出会いのすべてだった。 まあと…

イギリスのココアのパッケージを眺めてみた

海外では「ホットチョコレート」の名称で親しまれている、幸せな気分になる飲み物ココア。日本ではあったかいココアの出番といえば冬なわけですが、イギリスでは一年中ココアの棚のスペースが小さくなることはなく、紅茶のスペースにかなうことはなくとも、コーヒーと張り合うスペースを確保しておりま…

とりあえず毎日セブンイレブンに行きたい

一番好きなコンビニはセブンイレブンです。 コンビニチェーンとしてはローソンやファミリーマートとは段違いにあとからやってきたセブンイレブン。 もちろん県外に出ていたこともある僕なのでその存在、お弁当お惣菜のクオリティーの高さに関しては知ってはいたものの、家の近くにでき始めたのはそれ…

日本人女子が海外でセクシーに輝くとっておきの方法

みなさんのセクシーの定義って何でしょうか?世界に共通にして言えるのは、肌の露出が多ければ多いほどセクシー度は高いということ。でもむっちりボディで露出が高いのとガリガリボディで露出が高いのを比べると圧倒的にむっちりボディの方がセクシーだと感じる人が多いはず。痩せていることが美徳とさ…

#言葉のチカラ -amore-

Conote MAG.007「セクシーまたは私のライセンス」に寄稿するものですが、今後のブックレット制作、または肖像権を大事にするため、この記事は折をみて「旅する土鍋」マガジンに格納されることになります。ショート記事ですが、上記の理由によりご了承ください。(Cocciorino …

100

セクシーさを目指したことはあるか

#Conote も007号である。 007故に「セクシー、または私のライセンス」をお題に掲げた。 ボンドは大体モテる。モテるというか何故か女性がほっとかないし、おいおいいったい誰が喜ぶんだというベッドシーンが必ずと言っていいほど挿入される。 ああ、なんかボンド羨ましいなぁとか思った事は、実はな…

さかのぼってフリッパーズギター

「当時好きだった女の子が好きだった」というきわめて不純かつ極純粋な理由で小沢健二に遭遇した僕だ。 渋谷系っていう音楽的ムーブメントっつーか、ジャンルっつーか、とにかく渋谷系と総称される一連の流れがありまして、とりあえず僕の中では渋谷系の中心は「小沢健二」なのね。 僕が小沢健二を知…

愛しい×ロンドン×カメラ÷わたし

わたしは写真の撮り方を学んだことがあるわけでも、カメラの構造について詳しく知っているわけでもありません。 ただ、写真を撮ることはわたしの生活、そして仕事の一部でもあり、わたしのnoteの記事内容の半分以上でもあります。 自分でもわかっているけど、特別写真の撮り方がうまいわけではありま…

煙の思い出

告知をいい感じにすっ飛ばしたのですが、 #Conote 05 のテーマは「青春、そして衣替え」です。 で、ちょっと前にタバコのnoteを書いたんだけども、そしてこのタバコのnote を書くまで完璧に忘れてたんだけども、いい感じに思いだしたので書いておく。そんな思い出の話。思い出の話多いな僕(笑) ■ …

キュレーテッドボーイの精選

時計を買った。 スマホを持つようになって何年も腕時計をはめていなかったけども、買った。 そんなに高い時計じゃないけども、気に入っている。さすがにいい歳になって打ち合わせに行くときに時計も付けてないのはナンダカナァと思ったのと、デザインが気に入ったからである。 まあぶっちゃけ完全私…